新電力への売電なら、託送料金負担はどーなる?

託送料金を発電事業者側にも負担させろ〜!ってな検討がされてる件

の続きです。もしkwhあたり2円とか負担になれば例えば24円買取が事実上22円になり、これは固定価格買取制度の崩壊だ〜って一部の方(特に私^^;;)が大騒ぎしてる件です。その際、「固定価格買取制度(FIT)が始まって以来、買取価格が事実上変わってしまうようなことは今まで無かった・・・」と以前書きましたが、よくよく考えたらありました。

新電力のプレミアム買取価格です!

このプレミアム価格を載せてもなお新電力が儲かる仕組みが未だに私には理解できていません。新電力も託送料金を全て負担させられて大変といわれてる「電力小売」です。いくら説明聞いてもイマイチ分かりませんが、ひとつだけ確実にわかることがあります。それは、プレミアム価格で太陽光発電の電力(しかも36円以上!)を買っても、電力小売が

「確実に儲かる仕組み」

だったという事です。儲からないとやるわけ無いですからね。高くて面倒な再エネ扱って、託送料金100%負担してもです。現在では、新電力に旨味を持ち出されないような制度変更によりプレミアム買い取りはなくなりましたが、旨味は消えた訳ではなく、どこかに移動しただけです。どうしても「再エネの影響で電気代が・・」ってのにメチャメチャ違和感を感じてしまいます。

ハッキリ言うと、基本料金や再エネ賦課金やkwhあたりの電気代をもともと高く設定していて、電力会社は儲けまくってるのでは?というシンプルな疑問です。日本の電気代はちゃんと検証されてるのだろうか?電力自由化なんて形だけ。現実はやはり独占状態だし、やりたい放題ですよね。廃炉負担金もそうだし、国営としか思えません。電力自由化だって独占でやりたい放題なのをカモフラージュするためでは?とさえ思います。

さて、長い前置きでしたが、これからが本題。例の電気ガスなんたら委員会に電話してもどうなるか良くわからないわけですが、新電力の買い取りにどんな影響が出るのかわかれば、少しは予想しやすくなるかもしれません。そんな訳で、私が一部売電してる新電力の某L社さんに電話してみました。

A 発電事業者に託送料金負担させることが決まった場合、買い取りにどんな影響が考えられますか?

L 調べまして折り返し電話します。

暫く後・・・

L もしその様な改正があっても、お客様に影響がでることは全くありません!ただし、数年後にプレミアム価格は見直される可能性があります。

なんと!新電力なら託送料金負担のリスクが無いの!?

しまった。ぜんぶ新電力にしておけば・・・

でも、よくよく考えたら、託送料金は税金みたいに別のルートで請求される可能性もあるので、それなら某L社とか新電力は無関係ですね。

まあ、理屈がどうこうではなく、「国がどうしたいか」だけで決まるんだと思います。

まぁ考えても仕方ないか。(^^;;

「新電力への売電なら、託送料金負担はどーなる?」への4件のフィードバック

  1. 太陽光発電所に電気自動車のスタンド機能を持たせたら、送電線を使わずに末端利用者に電気を届けられるんじゃないかと妄想しています。蓄電池は要るかもしれませんが、地産地消だし電気自動車の普及も進むし、環境に良さそうな気がするのですが・・・補助金が無いと事業としては難しそうです(*_*;

    1. ゆきぐにさん

      蓄電池が安くなれば送電線を使わずに商売ができるかもしれませんね。
      都市ガスに対するプロパンガスのようなイメージで、各家庭や電力スタンドに電力をお届けするシステムができるかもしれません。^^

  2. 電気自動車が流行れば勿論電力スタンドが流行りますよね!ただみのりさんも仰る通りZEH普及活動に精を出してるお国は家庭の電力スタンドで経済的♪と謳い文句になり、発電所の太陽光は不要になってしまう気がします… 何故ならどこの誰の事業所から?等の区分が難しいからです。出来ることなら不安が消えるような提案を全ての発電所向きに考えて欲しいものです。現状維持で充分なのですけどね〜。それすら危ういからイヤハヤ悩みどころですね。

    1. kopmさん

      まだまだ太陽光はたった5%(みのりソーラー調べ)ですので、家庭蓄電池普及率100%になって事業太陽光が必要なくなることは、彗星が落下して日本が消滅する可能性より低いと思いますので、私は全然心配してません。(^^)
      仮にもし、将来それが実現すれば太陽光より先に原発と火力が必要無くなるので、それはそれで素晴らしいことだと思います。(≧∇≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA