明日はkobaraさんを囲む会です!

image

kobaraさんを囲む会情報です。

いよいよ明日になりました!(≧∇≦)

 

日時 : 10月21日金曜日 19時〜

場所 :
JR新橋駅 烏森口 徒歩2分/銀座線・ゆりかもめ 新橋駅 2分
彩り個室居酒屋 粋恋 ‐すいれん
〒105-0004 東京都港区新橋2-14-6 ミクニ新橋ビル5F

参加者 :

kobaraさん、私、ばっしーさん、発電所準備中さん、(元)通りすがりさん、AZさん、EGさん、ひろくんさん、グリーンパルさん、KDさん、澤田さん、りょんさん、藤川さん、zoneさん、発電所建設のお勉強中さん

以上15名です。なお、私は幹事でありながら仕事の都合で少し遅れる可能性があります。最悪の場合は誰かに幹事代行を依頼しますので、先に乾杯の練習でもしておいて頂ければと思います。(^^;;

最大15人の個室(禁煙)ですので少し狭いかも。3900円の飲み放題コース、金曜日なので基本的に2時間ですが運が良ければ延長可能だそうです。

http://tbi-shop31.net/

それでは気をつけてお越し下さい。なお、今回は幹事の怠慢により、名札とか参加者名簿とか特にありません。(^^;;

田淵 vs SMA のつづき

タイトルがやや適当ですが・・・(^^;;
SMA三相vs田淵三相の発電効率対決の続きです。

SMA三相パワコンと田淵三相パワコンの発電量を比較してみました!

前回の比較では、同じ過積載率換算でのパネル1kwあたりの7月分の発電量比較で、4%くらいSMAが発電するという結果がでました。

まあ、パネルを沢山積めるのも実力の内ですから、パワコン3台分5入力での単純比較では12%くらいSMAが発電しています。これも一つの結果ではありますが、これでは勝負になりませんから、過積載率を換算してパネル1kwあたりで比較したわけです。

しかし、パネル仰角が田淵側15度、SMA側20度という事で、4%の違いは仰角の影響では?との疑義が生じました。7月ですからむしろ15度が有利だとは思いますが、過積載の場合は朝夕の発電が肝ですからここはきちんと検証した方が良いですね。

幸い私の1号基(15度74.7kw)と3号基(20度78kw)はスペックが近く同じ南向きで隣ですので、15度と20度の発電効率比を3号基稼働後11ヶ月にわたり実データからサクッと計算しました。

めんどーなので結果だけ示します。(^^;;
20%e5%ba%a615%e5%ba%a6
15vs20

僅差ですが、6月、7月、8月は15度の方が発電するという結果でした。まあ、夏場の朝夕は太陽がパネルの背後に回り込むので当然と言えば当然ですね。7月では0.7%の違いです。したがってSMAが4%有利と言う結果はやや不正確で

1.04×1.007=1.0473

つまり、今年7月に関してはSMAの発電効率が4.73%勝る結果となりました。

ちなみに、160%過積載での15度と20度の発電量は年間平均で2.2%の差でした。

 

あっ10月がないですね。

今月の検針票が来たらもう一度計算しますね!(≧∇≦)

 

SMA三相パワコンと田淵三相パワコンの発電量を比較してみました!


田淵三相パワコン(EPU-T99P5-SFL)の変換効率が93.5%なのに対して、SMA三相(STP10000TREE-JP)は96.5%で、カタログ上は3%の差です。しかし、150%以上の過積載の場合はパワコンの効率は過積載により吸収されて、効率の差は少なくなると予想できます。また、パワコンのスペックはJIS C 8961にて規定される条件下においての効率であり、実際の環境では全然違うとの情報もあります。これはもう、信頼できるデータで比較するしかありません。

しかし、実際に比較するのは凄く大変です。他の条件を揃えないと意味がありません。また、天候による影響が大きいので、同じ現場にある発電所で比較する必要があります。

そこで、考え抜いてセレクトした弊社発電所2基で比較します。距離は50mしか離れておらず、共に南東向きで、パワコン29.7kw、パネルメーカーも同じ。影の影響がほとんど無い今年7月分の検針票データで比較します。スペックの違いは

田淵:パネル45kw、仰角15度、過積載率150%

SMA:パネル50.7kw、仰角20度、過積載率170%

仰角については、7月なので多少田淵有利ですね。

パネル容量と過積載率の違いについては、換算します。

また、ピークカット率換算にはこの表を使います。
image


田淵パワコン7月分発電量  4954kwh(発電GPより)

過積載率150%のピークカット2%とすると、実際には

4954÷0.98=5055kwh

パネル1kwあたり発電量は

5055÷45=112.3


SMAパワコン7月分発電量 5539kwh(発電GPより)

過積載率170%のピークカット6%とすると、実際には

5539÷0.94=5892kwh

パネル1kwあたり発電量は

5892÷50.4=116.9


116.9÷112.3=1.0409

つまり、今回の計算ではSMAの方が4%効率が良いという結果となりました。

過積載で効率の差が減るどころか、逆に広がってます。仰角的には15度の田淵側が有利で、しかもピークカットの影響がより大きくなる(SMAの方が不利になる)季節にもかかわらずです。

この理由を考えてみました。

・データが7月という事で、高温時にSMAの実効率が良い

・SMAは13直列可能なので、パワコン起動が早い

・SMAは稼働半年でパネルの汚れが少ない?

 

まあ、これだけのデータで判断できません。年間データが溜まればもう少し解ると思います。

 

SMA三相パワコンの入力電流について

安川と同じく、SMAの9.9kw三相パワコン(STP10000TREE-JP)についても、未だに仕様に書かれてる入力電流36Aを超えないように結晶系なら4入力が限界とする業者さんがいるようです。正直驚きました。

SMAの入力電流の謎については、過去何回にもわたり当ブログにて解き明かして来たのですが・・・

SMA入力電流の怪

【朗報】SMAの謎 全て解ける!

肝心のSMAのHPや取説には、「最大電流36A(1回路)」と書かれてるだけで、「繋がれるストリングの短絡電流の合計が超えてはいけない値」なのか「電流制御されてこれ以上入力されない値」なのかわかりません。これだと、4入力以上繋いだらダメと判断する業者がいても不思議ではありません。お客さんのためにリスクを冒したく無いですから当然ですね。

さて、私が6入力使ってOKと判断した根拠は、今年1月にSMA技術サポートから頂いた技術資料によります。

image

image

image

image

2・3定格仕様

に「モジュールを過積載にして36A超の並列数で構成しても問題ありません」とハッキリと記述されています。従って私も既に5入力構成で使ってますし、次は6入力フルに使う予定です。

しかし、パワコンを選択する上で最も基本的で大切な情報が何故こんなに解りにくいんでしょうか!?ハッキリ書かれてるのはコレだけです。なぜ6入力使えることをもっと当たり前にアピールしないのだろう。とても不可解です。

私の調べた限り、入力電流縛りの無いメーカーはSMA、デルタ、田淵くらいで、安川、オムロンは最大電流を超えないようにと記載されています。ただ、短絡電流なのか動作電流なのかは不明です。

それにしても、太陽光発電の世界は謎だらけですね。

 

補足ですが、SMAのMPPTの技術解説も誤解を与える内容です。正確には電圧を監視しながら電流を制御し、その結果電圧が変化するのであって、直接モジュールの電圧を変化できるのは太陽や雲だけです。

絶縁トランス付けてまでSMA三相使う意味ある?

SMAとか安川のP2型とか、トランスレス方式三相パワコンを使う場合、絶縁トランスの設置が要求される場合があります。しかし九電や東電だと、SMA三相に関しては絶縁トランスは要求されません。私もSMA三相を絶縁トランス無しで1年ほど使ってますが、台風直撃時に一度ELBがトリップしたくらいで、特に問題なく使えてます。

さて、多くの電力会社が絶縁トランスを要求する理由は・・・

・余剰の場合、家庭のコンセントに直流が漏れる危険がある

・大地間の浮遊容量によりELBが誤動作することがある

ってことですが、そもそも全量なら関係無いし、ELBの誤動作なんて余計なお世話。中部や関西でも本当は問題はないはず。だって同じ日本で使えてるのだから!

全く納得できませんが、まぁ決まりなので仕方ありません。

では本題。

恒例のザックリ比較です!

 

どうしても三相を使うしか無い現場で、

①安川P2Hをメーカー保証内と言われる4回路14直列、280枚75.6kw

②絶縁トランスを付けてSMAで13直列6回路390枚、105.3kw

を比較してみます。条件として

*絶縁トランス費用は50万とする。

*絶縁トランスのロスは常時5%とする

*電圧抑制のリスクは考慮しない。

*24円案件とする

*土地は十分広いとする

 

①のケース

ピークカット無視年間発電量100000kwh

ピークカット2%で98000kwh

初年度売電価格235万

パネル劣化込み20年で

235×20×0.9=4230万

 

②のケース

ピークカット無視年間発電量

100000×105.3÷75.6=139000kwh

ピークカット20%で

139000×0.8=111200kwh

絶縁トランスロス常時5%で

111200×0.95=105600

初年度売電価格253万

パネル劣化込み20年で

253×20×0.9=4554万

絶縁トランス費用を引くと

4504万

 

結果、20年の売電収入274万円の差です。

パネルと架台追加分30kwが274万円なら20年で回収、137万なら10年回収で回収ですね。

どうでしょう?

②が絶対ダメとは言えない感じですかね?(^^;;

 

さて、ここまで24円案件で計算しましたが、36円なら①と②の差は411万です。こうなるとやりたくなりますね!

ちなみに絶縁トランスロスが無い場合は24円20年売電4794万円で564万円の差ですから、ダブル過積載のメリットがほぼ半減するイメージですね。それでも半分は残ります。あえて絶縁トランス乗せてダブルに挑むのもアリかもしれません。

しかも、今回は絶縁トランスロスを5%みましたが、実際にはもっと少ないのでは?と思います。なぜならフルパワー時に5%も熱になると巻線温度が大変なことになるからです。電圧ロスが4Vとしても電流一定ならロスは2%程度です。だとすると、①②の差は更に広がり24円でも400万くらいにはなりそうです。

 

kobaraさんを囲む会は満員御礼となりました。

kobaraさんを囲む会情報です。

参加者15名で満員御礼となりました!

日時 : 10月21日金曜日 19時〜

場所 :
JR新橋駅 烏森口 徒歩2分/銀座線・ゆりかもめ 新橋駅 2分
彩り個室居酒屋 粋恋 ‐すいれん
〒105-0004 東京都港区新橋2-14-6 ミクニ新橋ビル5F

参加者 :

kobaraさん、私、ばっしーさん、発電所準備中さん、(元)通りすがりさん、AZさん、EGさん、ひろくんさん、グリーンパルさん、KDさん、澤田さん、りょんさん、藤川さん、zoneさん、発電所建設のお勉強中さん

以上15名です。気をつけてお越し下さい。なお、私は幹事でありながら仕事の都合で少し遅れる可能性があります。最悪の場合は誰かに幹事代行を依頼しますので、先に乾杯の練習でもしておいて頂ければと思います。(^^;;

最大15人の個室(禁煙)ですので少し狭いかも。3900円の飲み放題コース、金曜日なので基本的に2時間ですが運が良ければ延長可能だそうです。

http://tbi-shop31.net/

【訂正】安川の絶縁パワコン(P2H)はスーパー過積載には適しません

前回のブログで、安川パワコンは過積載に適しているとかきましたが、メーカーに確認したところ「絶縁トランス内蔵タイプは、ストリングの動作電流の合計で33A以下、短絡電流の合計で44A以下にして下さい。それ以上だとメーカー保証適用外です。」とのことです。

実際にはピークカット時でも合計25A以上は流れないはずですから、パネルの短絡電流は関係無い話だと思うので、何故メーカー保証対象外になるのかその理由を聞きましたが、「理由はメーカー基準だから」と。

もしかしたら、MPPT制御がマズくてパワコン起動時などに短絡電流が流れる可能性があるのかも?とは思いましたが、その様な説明も一切ないので納得いきません。取説にも書かれて無いのに何故?って思いましたが、何度聞いても「今のところメーカー基準だから」の一点張りです。ただし、「今のところ時間がなくてこうなってますが、将来的には緩和される可能性があるかも?」とのこと・・・

 

つまり、安川の新型は結晶系パネルを使う場合、7入力のうち4入力までしか使えません!最大電圧も570Vとやや低めですから、メーカー保証を考慮するなら13直列4入力5台の260枚、270wパネルなら70.2kwが限度となります。

去年までの非絶縁タイプのP2型なら動作電流合計で44AまでOKだそうですから、7入力がフルに使えますが、絶縁トランスの外付けを要求されます。(S相接地なので東電でも去年から絶縁トランスが要求されるようになりました。)

以上の事から、新型の安川パワコンでの過積載は70kw程度が限度となりますから注意してください!

私なら絶遠トランスを使ってでも元々効率の良いSMA三相にするか、もし変更可能であれば単相にすると思います。

安川パワコンの入力電流縛りの謎【重要な追記あり】

【10月14日追記】

安川の新型絶縁タイプのパワコン(P2H型)はスーパー過積載には適しません。

詳しくは次回のブログを見てください。

 


安川のパワコンは最大入力電圧600Vで7入力もあるので、スーパー過積載には圧倒的に有利だと前回のブログで書いたのですが、不可解な電流44A縛りが気になるので少し調べてみました。まず、仕様ですが

image

入力許容電流:44A

入力回路数:7(1回路あたり最大10A)または一括入力(最大44A)

とあります。イマイチ意味不明なので、取説をダウンロードしてみました。私が使ってるモデルで去年までのタイプです。

image

image

image

7個の直流入力とは別に接続箱を外付けする一括入力があります。で、一括入力を使う場合は最大44A、7個の直流入力を使えば1入力あたり最大10Aですから、普通に考えれば多結晶パネル(短絡電流8Aくらい)を7ストリング繋いでも全く問題ないはずです。

ところが!

image

コレを見てビックリしました。「全体の入力電流値が44A以下になるようにして下さい」と書いてあります。これを見ると、確かに多結晶パネルなら4ストリングが限界に思えます。そんなバカな。なんの為に7入力も付けてるの?そもそも44Aも電流が流れたらどうなる?10kwを遙かに超えて16kw以上出力されるかパワコンが燃えるかどちらかです。なので44Aなんてそもそも流れる訳がありません!全くもって意味不明です。

 

ところがっ!

最新モデル(高周波絶縁タイプ)の取説も見てみました。まずは仕様です。

image

入力部から入力許容電流44Aが項目ごと削除されてます(笑)

そして取説からも

image

image

デコデコが絶縁タイプになってますね!(^^)

image

入力条件から「全体で44A以下に・・」の表記がすっぽり消えてます。これは絶縁タイプだからとか、許容電流が改善されたからとかではなく、単に市場を混乱させる表記を削除しただけだと思われます。ブロック図見ても入力部は同じだし、相変わらず1回路あたり10Aですからね。

要するに、こいつならトリプル過積載だって余裕!ってことです。(^^)

さらに言うと、

元々、パワコンが壊れないかぎり電流は制御されて絞られるので、例えパネルの短絡電流が入力部の開閉器やダイオードの定格超えてても関係ありません。だから1入力10Aの縛りさえも本来なら無意味なはずです。間違えて1入力に接続箱を繋がない限り。(笑)

使いやすさやパワコンが壊れた場合やストリング接続を間違えた場合などの異常時まで考えて仕様を決めるのが安川クオリティなのかもしれませんが、その代償として効率が犠牲になります。これに対してSMAなどは、多少使いやすさや変な国内ルール(笑)を犠牲にしてでも絶遠トランスも開閉器もダイオードも省いてシンプル化することで性能向上を図る設計思想で、ここは好みが別れる部分だと思います。

118.8kw過積載でピークカット率はどうなる?


現在入手できるパワコンで普通に?実現可能な最大の過積載システムを考えてみました。

三相なら、SMAの9.9kw三相パワコンSTP10000TLEE-JP-11による13直列6入力5台構成が最大かと思ってました。一般的な多結晶270wパネルを使うと390枚で105.3kwですね。

しかし!安川はもっと凄い!

image

600V入力7回路。13直列7入力5台なら455枚まで余裕です。270w多結晶パネルなら122.85kw!!三相も単相も9.9kwも10kwも選べて至れりつくせり!安川のファンになりそう・・・(≧∇≦)

 

さて、某所で話題になってます、SMAの4.5kw単相パワコンSUNNY BOY 4500TL-JPを11台のシステムを見てみましょう。4入力10直列11台で440枚、多結晶270wパネルなら118.8kwまで普通に乗せられそうです。なかなかですね!しかもファンレスだし。^^;

image

スペック見ると1台あたりMPPT2個ですから、トータル22MPPTのマルチストリングスになります。スーパー過積載の場合、「マルチ助け合い方式」なら影の影響が消せてありがたいのですが、2ストリングス分が一括入力ですので少しは助け合い効果が期待できそうです。

最大入力450ⅤでMPPT動作範囲は85~360Ⅴですが、多結晶パネルなら10直列でも定格320Ⅴ程度、解放電圧でも380V程度なのでちょうど良い感じです。^^

 

ちなみに最近話題の多いデルタ単相4.5kwパワコンは・・・

image

MPPT動作範囲が50~450Ⅴと素晴らしいのですが入力3回路なのが残念です。

しかーし!

2ストリングパラって見かけ6入力にすれば178kwまで行けます。助け合いマルチで余裕があるので問題ないかも。誰か挑んで下さい!(笑)

さてさて、やはり気になるのはピークカット率ですね。

118.8kw+鹿嶋10度&15度架台を例に、サクッとシミュレートしてみました。

powerdata_201508-201607118-8kw%ef%bc%89

118-8kw

いつものように、1年間の1時間ごとの日射量と発電量の実測値をベースに計算しました。結果、ピークカット率は

10度架台 19%

15度架台 20%

って感じですね。

年間発電量は120000程度。

118.8kw X 0.8 = 95kwです。低圧1基の権利で47.5kw低圧2基分って考えると、なかなか美味しいですね♪40円時代の分譲2基で4000万くらいだったことを考えると、今の価格で作れば利回りは圧倒的だと思います。まあ、細かいことは抜きにして、パネル劣化や汚れ、パネルが壊れた場合の予備だと考えれば精神的にも安心かと。(^^)

 


お知らせ

(12日16時45分更新)

kobaraさんを囲む会ですが、一応定員の15名の満員御礼となりました!

日時 : 10月21日金曜日 19時〜

場所 :
JR新橋駅 烏森口 徒歩2分/銀座線・ゆりかもめ 新橋駅 2分
彩り個室居酒屋 粋恋 ‐すいれん
〒105-0004 東京都港区新橋2-14-6 ミクニ新橋ビル5F

参加者 :

kobaraさん、私、ばっしーさん、発電所準備中さん、(元)通りすがりさん、AZさん、EGさん、ひろくんさん、グリーンパルさん、KDさん、澤田さん、りょんさん、藤川さん、zoneさん、発電所建設のお勉強中さん
最大15人の個室(禁煙)に変更しました。3900円の飲み放題コース、金曜日なので基本的に2時間ですが運が良ければ延長可能だそうです。

http://tbi-shop31.net/

 

第二種電気工事士免状交付申請完了!


合格通知が来てはや1ヶ月がたちましたが、やっと免状交付申請しました。これがまた意外と大変・・(^^;;

県によって少し違うかもしれませんが、神奈川県の場合、必要な書類は
・申請書
神奈川県HPからダウンロードできます。
・収入証紙
神奈川県指定の販売店で購入。5200円。収入印紙と間違えないよう注意!

ちなみに、収入証紙販売所が会社のすぐ近くにあるようなので行って見たら、あれれ?豆屋さん?

image

どう見ても豆屋さんです。つか、豆屋さんってのを初めて見ました。よくよく見ると

image

確かに販売所でした。(^^;;

・住民票(本籍、家族不要)

・写真2枚(3×4センチ 裏に氏名記入)

実は会社の隣が市役所で、中に証明写真ボックスがあるので楽チン!

・返信用定型封筒

・技能試験合格証明書

以上です。

これを封筒に入れて、これまた会社近くの郵便局に行き、簡易書留で神奈川県電気工事士工業組合に郵送して、めでたくミッションコンプリート!結局会社を休む必要もなく、お昼休みだけで済みました。ラッキー(^^)

 


お知らせ

kobaraさんを囲む会の会場を予約しました。

日時  : 10月21日金曜日  19時〜

場所  :
JR新橋駅 烏森口 徒歩2分/銀座線・ゆりかもめ 新橋駅 2分
彩り個室居酒屋 粋恋 ‐すいれん
〒105-0004 東京都港区新橋2-14-6 ミクニ新橋ビル5F

参加者 :

kobaraさん、私、ばっしーさん、発電所準備中さん、(元)通りすがりさん、AZさん、EGさん、ひろくんさん、グリーンパルさん

10日現在9名となり残りあと1名です!(^^)
一応10人の個室(禁煙)です。煙が入らないように扉付き個室でできるだけ端にして欲しいとお願いしました。3900円の飲み放題コース、金曜日なので基本的に2時間ですが運が良ければ延長可能だそうです。

http://tbi-shop31.net/

 

過積載チャレンジャーあやぱぱの日記